京都アイネット京都アイネット

IP電話(BBフォン)

「IP電話(BBフォン)」は、ソフトバンク株式会社が提供するIP電話サービスで、kyoto-Inet BB 50Mプラスの標準サービスとして提供します。

サービス内容

BBフォンは、IP電話網を使うので、距離に関係なく全国一律料金、BBフォンどうしなら通話料無料とおトクです。

Point1

kyoto-Inet BBの標準サービスとして別途お申込み不要で、ADSL開通後、お使いの電話機をモデムにつなぐだけでご利用いただけます。

Point2

現在ご利用の番号をそのままご利用の状態で、BBフォン(050~)の番号もご利用いただけます。

Point3

「ホワイトコール24」をご利用いただくにとソフトバンクの携帯電話とBBフォンの国内通話が24時間無料(「ホワイトコール24」をご利用いただくには、別途、ソフトバンクとのご契約が必要です)。

ホワイトコール24

基本料金

月額無料(kyoto-Inet BB 50Mプラスに標準装備)

※別途通話料がかかります。

提供条件

「BBフォン」のご利用には「kyoto-Inet BB」のご契約が必要となります。

通話料

開通日のご利用分より課金となります。
BBフォン通話料はkyoto-Inetからのご請求となります。 距離、時間帯にかかわらず、国内なら3分7.99円(税抜)の日本全国一律料金でご利用いただけます。
アメリカ(本土・アラスカ・ハワイ)への通話料金も時間帯にかかわらず3分7.99円です。

BBフォンどうし 0円
国内通話 日本全国一律
7.99円(税抜)/3分
全時間帯共通
国際電話 アメリカの場合(本土・アラスカ・ハワイ)
7.99円/3分
全時間帯共通
携帯電話 8:00~23:00 25円(税抜)/60秒
23:00~翌8:00 21円(税抜)/60秒
PHS セットアップ料金(1通話毎) 10円(税抜)
全時間帯共通 10円(税抜)
他社IP電話 他社IP電話各社料金毎
  • 上記価格はすべて税抜価格です
  • 国際通話料は免税対象となります。

3桁特番

番号(サービス) サービス内容 ご利用料金
104
(番号案内サービス)
BBフォンから「104」をダイヤルすると、NTT西日本(NTT東日本)の番号案内相当のサービスを、BBフォン番号案内サービスのオペレーターが提供します。 【8:00~23:00】
月1回まで 60円
月2回以降 90円
【23:00~8:00】
1案内 150円
115
(ほっと電報サービス)
BBフォンから「115」をダイヤルすると、PSコミュニケーションズ株式会社が提供する「ほっと電報」※サービスへ接続されます。
  • 特定信書便事業者が提供する電報類似サービスで、その提供条件が電報に準ずるものを言います。
  • 最初に「0000」をダイヤルすることでNTT西日本(NTT東日本)の電報もご利用いただけます。
通話料金はかかりませんがほっと電報利用料がかかります。
117
(時報サービス)
BBフォンから「117」をダイヤルすると、NTT西日本(NTT東日本)の時報案内相当のサービスを、BBフォンの時報サービスとして提供します。 7.99円/3分
  • 上記価格はすべて税抜価格です。

【ユニバーサルサービス制度について】

電気通信事業法に定められた『ユニバーサルサービス制度』が平成19年2月から開始されました。 『ユニバーサルサービス制度』とはNTT西日本(NTT東日本)が提供する一般加入電話、公衆電話、緊急通報(110番・118番・119番)など国民生活に不可欠であるためあまねく日本全国における公平かつ安定的な提供が確保されるべき電話サービス(ユニバーサルサービス)に必要な費用を電気通信事業者全体で応分に負担する制度です。

提供条件

  • BBフォンどうしの通話は、距離にかかわらず無料ですが、通話相手先もBBフォンがご利用可能な状態である必要がありますのでご注意ください。BBフォンどうしの無料通話が適用となる場合は、発信時「プププ・プププ」という接続音がなります。
  • 何らかの理由によりBBフォンがご利用いただけない場合には、「プププ」がならず自動的に一般加入電話での発信となり、通話料はご利用の電話会社からの請求となります。BBフォンから通話する際は、発信時「プププ」という接続音がなります。
  • BBフォンから発信できない番号へかける際は、最初に「0000」をつけてダイヤルすることで一般加入電話からの発信となります。